2008年06月08日

無皇刃譚

無皇刃譚とは、乱世にあって「皇」(おう)を求めず、自らも「皇」(おう)になろうとせず、ただ一途に己の「刃」に殉じた男たちの譚(物語)



なんだそうです
今日は急遽予定がなくなったので久しぶりにTSUTAYAでDVD借りてきましたCD



しかしながら日曜ということで見たかったものは全部借りられてたバッド(下向き矢印)しょうがないからちょっと前にCMしてた長瀬が声優をつとめた『ストレンヂア』と『北斗の拳 トキ伝』借りてきましたダッシュ(走り出すさま)



トキ伝は前に見たラオウ伝、ユリア伝よりおもしろかったるんるん北斗兄弟の宿命とトキという男の運命パンチ男とは・・・いや漢とはこうあるべきなのではないだろうかと思わされる作品だ映画



続いて『ストレンヂア』は時代劇アクションなのだが説明が難しいどんっ(衝撃)日本だけの話でなく明(みん)からの使者がきて・・・・とまぁ見たほうが早いね手(パー)



ストレンヂアを見て思ったけど日本の歴史ではこの時代が一番おもしろいのではないかな?ちょうど戦国時代から江戸時代にかけてかなダッシュ(走り出すさま)特に戦国の中期で信長の上洛から始まる安土桃山なんかは男なら誰だって興味あるはずexclamation×2



戦国での武田VS上杉から始まり天下人が信長→明智→豊臣→徳川と移り変わる時代どんっ(衝撃)人を切ることで名を上げたこの時代は日本史の中で一番残酷なのになぜか憧れてしまうたらーっ(汗)



現代で人の命を断てば罪なのに戦国では英雄とされるどんっ(衝撃)かなり暗黒な時代だねバッド(下向き矢印)まぁそのおかげで今の平和があるんだろうけどさダッシュ(走り出すさま)



さて明日からまた五日間がんばりますか台風
posted by まぉ at 21:08| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99868272

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。