2008年09月25日

異端児

最近よく思う。
いやけっこう前から気付いていたが俺には『努力』が足らないたらーっ(汗)



そんなわけで俺は家族内でタイトルの通りに異端児なのだバッド(下向き矢印)



これは俺から見た家族のことだが、俺を抜いた父、母、姉は努力により結果を残してきた人間だ台風



父は21歳の時に関東消防競技会で三位入賞だかをしてるらしいあせあせ(飛び散る汗)今にしたらハイパーに入っててもおかしくないと思うバッド(下向き矢印)しかも現在もその身体能力をほぼ保っているしどんっ(衝撃)




母は専業主婦だが裏の顔として着付けの先生をしているダッシュ(走り出すさま)過去に『十二単を現代に蘇らせる』というプロジェクトがあり京都まで行ったのだが関東で呼ばれたのは母だけらしいたらーっ(汗)




姉は文武両道の鏡と言っていいだろうどんっ(衝撃)小さな頃から勉強はほぼトップで一年だけだが現国の教師もしたことがある台風そしてスキーでは国体で入賞までしていやがる




そして俺は・・・

小学校時代

『競泳』
郡大会でバタフライ四位
(三位までが県大会出場)

『スキー』
六年生の小学校総体で辛うじて三位(それまでは四十位前後)

中学年時代

『陸上』
三年最後の通信陸上で3000メートルを10分03秒の自己最高で締め括れたが全体では三十位前後たらーっ(汗)しかも最後の駅伝ではエースを野球部に奪われという屈辱を味わうバッド(下向き矢印)
『スキー』
三年間ほぼ全ての大会であと一人で入賞や全国出場で終わるスキーの先生が最後に放った言葉は『あと少しの男』

高校時代
『スキー』
中学より酷くなりほぼ全ての大会を中堅の位置で終わる

『生徒会』
役員を勤めるが仕事はしないし遊んでばっかりどんっ(衝撃)スキーの練習があると会議には出席しないので大抵の人は覚えていないか役員であることさえ知らないバッド(下向き矢印)


大学時代

『スキー』
最後のインカレでスーパーGは三十七位あせあせ(飛び散る汗)GSに至ってはゴール前で大転倒し左膝捻挫、左肩を亜脱臼により靭帯損傷どんっ(衝撃)左肩は今でも重い物を持つと外れるあせあせ(飛び散る汗)


俺の23年を振り返ると何一つ結果を残せていないバッド(下向き矢印)ご覧の通り俺には努力が足りないどんっ(衝撃)そして異端児である



だからこれからも今と変わらないままでいようと思うそれが俺らしさなのだと勘違いをしてみようて思う台風



かつて蓮沼文三がこんな言葉を残している。

心が変われば態度が変わる。
態度が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。




なんていい言葉だぴかぴか(新しい)
すごくいい言葉だるんるん
胸に染みる言葉だグッド(上向き矢印)



今の俺にはとても必要な言葉だが本人はあまり自覚してないので運命はかわらないだろう



さて今日も疲れたから寝よっと(´д⊂)‥
posted by まぉ at 22:09| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。