2008年03月30日

獣の槍

今日のタイトルで何人の人がピンひらめきときただろう?



獣の槍とは漫画『うしおととら』に出てくる最強の妖器物なのですぴかぴか(新しい)よくわかんない人すみませんあせあせ(飛び散る汗)でも書きたいから書くexclamation×2



実家に帰るたびに読んでしまう漫画本内容はとりあえず読んでくれexclamation×2絶対に読んでくれexclamation×2exclamation×2今すぐマン喫とか行って読んでくれexclamation×2exclamation×2exclamation×2お願いします(ToT)これでも興味わかないって人はとりあえず友達に『うしおととら』知ってる?って聞いてくれexclamation×2絶対に知ってる人いるからどんっ(衝撃)そんでこの漫画の良さを語ってくれるはずだからexclamation&question




なんでこんなに薦めるかってとどんっ(衝撃)著者の藤田和日郎さんの作品全部に言えることだけど漫画ながら人としての大切な何かを教えてもらえるからだその中でも『うしおととら』は群を抜いてるからだダッシュ(走り出すさま)




俺がうしとらに最初に引かれたのはたぶん主人公うしおの眼だと思うあの真っ直ぐと前を向き見る者全てを信じさせてしまう力のある眼に引かれたんだダッシュ(走り出すさま)




藤田和日郎さんがうしとらを作ったきっかけは『マッチ売りの少女』が嫌い。だからだそうだ




〜作者の口上〜
かわいそうな『マッチ売りの少女』が嫌いで、僕はこいつら生み出した。少女を助けて戦うやつら。
でも、少女を助けるヒーローなんざ、要らないのかもしれない。だって、少女が戦わなきゃ。ただ雪の中、手に息を吹きかけて泣いてちゃ、誰もふりむいちゃきれないもの。戦わなきゃ。しんどくても辛くても、自分でやんなきゃ。
ああ、ああ、そういうコトか、だから自分は『マッチ売りの少女』が嫌いだったんだ。
『背中をまるめてマッチなんぞすってるんじゃねえ』うしおととらは、つまり・・・そういうヤツらだったんだ。




こんなこと言える人が書いてる漫画なんだるんるんそんでもって何回も泣いちまうそんな作品だよぴかぴか(新しい)俺はこいつに出会ったから人を信じることや真っ直ぐと前を向いてお天道様を見ようって思えたんだダッシュ(走り出すさま)




あーやっぱり俺の力じゃ語り尽くせねぇあせあせ(飛び散る汗)てかこんなん語ったらリアル二日は寝れねぇたらーっ(汗)この話題ゆうすけならわかるっしょ?ちなみにゆうすけは俺の親戚で中学の同級生ダッシュ(走り出すさま)




少年サンデーで新しく『月光条例』も始まったし『からくりサーカス』『暁の歌』『夜の歌』他にもたくさん作品あるから読んでくれexclamation×2読んでくれexclamation×2exclamation×2読んでくれexclamation×2exclamation×2exclamation×2ただそれだけ




たぶんまたこりずに書くと思うけど許してくれどんっ(衝撃)それだけ熱い作品なんだパンチ



んじゃ手(パー)
元気exclamation×2
posted by まぉ at 22:29| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。